━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆ エコモチブックレビュー ◆
  『自然に学ぶ粋なテクノロジー なぜカタツムリの殻は汚れないのか』
        (石田 秀輝著 株式会社化学同人発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は、循環型社会の『ものづくりや暮らし方のかたち』を実現するために
自然や江戸時代から学ぶことについて書かれた一冊をご紹介します。

この本は、人間の本質は生きることを楽しんで暮らすことであり、それは
決して便利なだけの暮らしではないという考え方から始まります。

私たちは便利さを追求し、快適性を求めて、テクノロジーをどんどん発達させ
てきました。
その結果、地下資源を大量に消費し、地球が吸収しきれない程の環境負荷を
地球に与えています。

この問題を解決するために、私たちは生きることを楽しみながら、人間活動の
肥大化を縮小させなければなりません。

こうした新しい生活文明を生むためのヒントが天井を全速力で走るヤモリや、
ハンマーで叩いても割れないアワビの殻といった自然の中に隠されており、
暮らし方、考え方が江戸時代の『粋』から学ぶことができると、この本は
教えてくれます。

身近な日本の生活スタイルに改めて目を向けてみることで、みなさんも新たな
ヒントを得ることができるかもしれません。

Amazon でこの本を購入する