虫の日
漫画家・手塚治虫らの呼びかけで設立された日本昆虫クラブが制定。
今日は何の日~毎日が記念日~より)

減少する花粉交配用ミツバチ
ミツバチははちみつの生産だけでなく、イチゴやメロンなどの授粉の役割も担っています。しかし、2008年の夏ごろからミツバチの数が減っているそうです。原因は農薬による死滅、ミツバチに寄生するダニの大発生、そして女王蜂の輸入がストップしてしまったことにあります。産卵をする女王蜂は、実はオーストラリアなどから輸入されているそうです。

農家に与える打撃
このようなミツバチの現象によって、ミツバチを必要とするイチゴやメロン農家ではミツバチの仕入数が少なく、販売価格にも影響を及ぼしているようです。不授精によってイチゴが実らなかったりすることなどによって、例年より出荷数・売り上げの減少が予想されています。
ふだん何気なく私たちが食べている農作物ですが、その生産には虫の力も関わっているのですね。