エコモチのコンソーシアムにも参加いただき、独自のエコポイントシステムを構築されたブラザー工業株式会社 CSR・ブランド戦略推進部の花木様・伝宝様に「エコポイントシステム」について情報交換させていただきました。

 
エコモチはコンソーシアムが始まって間もない頃、紙媒体で進めるという方向で進んでいました。(実際にはwebシステムとなっています。)ブラザー工業様では社員が多いため、「紙を使わずに行いたい」という方向性で、独自にイントラネットを用いたエコポイントシステムを開発されました。

 
ブラザーエコポイントのはじまり
ブラザー工業様が開発されたエコポイントシステムは2008年4月にスタートしました。個人のエコ行動によって貯められたポイントは、個人に還元されるのではなく、「郡上での植林活動」に使われ、社会に還元されます。「もらうインセンティブ」ではないという部分は、エコモチと同じ考え方です。

この投稿の続きを読む »

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆ エコモチブックレビュー ◆
    『しんしんと、ディープ・エコロジー~アンニャと森の物語』
          (アンニャ・ライト+辻信一著)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ディープ・エコロジー」という言葉を聞いたことはありますか?
「ディープ・エコロジー」の基本的な考え方は「我々は地球の一部である。
我々は地球と切り離すことができない。我々は地球と一体である。」というも
のです。
おおげさに聞こえるかもしれませんが、自分と自然とのつながりを感じる、
ただそれだけのことです。

 
本書はシンガーソングライターであり、2児の母であり、環境運動家でもある
アンニャ・ライトと環境運動家の辻信一の対談を通してディープ・エコロジー
について書かれています。
マレーシアのサラワクにある熱帯雨林を守る運動をきっかけに、日本やエクア
ドル、ヨーロッパなどで環境運動を行ってきたアンニャの姿が描かれています。

 
この本を通じて、自分と自然とのつながりについて改めて感じ、考えてみませ
んか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ エコモチブックレビュー ◆
『幸せって、なんだっけ「豊かさ」という幻想を超えて~』
(辻信一著)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みなさんは今、幸せですか?
この質問に対し、ドキッとする方は多いのではないのでしょうか。

 
今回ご紹介する本は、幸せとはなにか、ということについて考えさせてくれる
一冊です。
モノやお金といった豊かさを追求するあまり、人々は競争に勝つことを強いら
れるようになってしまいました。

 
その中で失ったもののひとつが「時間」である、と著者は説いています。
「お金の豊かさを優先するか、時間の豊かさを優先するか…(中略)…時間を
どんどんお金に換えてゆくのか、お金を減らしてでも時間を取り戻していくの
か、という選択をぼくたちは迫られているのだろう。」(本文より)

 
お金の豊かさを求め続けた結果失ってしまったものについて考えるととも
に、「幸せって、なんだっけ」と改めて問い直すきっかけとしておすすめです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ エコモチブックレビュー ◆
『環境倫理は「自然を大切にしよう」の論拠たり得るのか』
(堂前雅史 著 『情況』(情況出版)第3期 vol.7-6, pp.98-110.)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「自然を大切にしよう」というテーマに対して、皆さんは「大切にすべき自然」
をどのようにイメージしますか。
熱帯雨林ですか。それとも、日本の太古昔から存在する屋久島の森ですか。
それとも沖縄に存在するサンゴ礁でできた海ですか。

 
環境倫理は『自然を大切にしよう』の論拠たり得るのか」という本の中で、
筆者は、自然に対して、「生身」として接するのか、「切り身」として接する
のかを問いかけています。

 
例えば、皆さんが森の中で生活をしており、森に生息する動物たちを身近に
感じることができればこれは、「生身」の関係となります。
また、都会に住んでおり、森の恵みを直接受けることができず、例えば加工
された材木を通じて森を感じる場合、自然とは「切り身」の関係になります。

 
都会に住む人が多くなった今の世の中に対して、筆者の堂前氏は、自らの足元
の都市の環境を自然環境として捉え直し、ひっそり暮らす生物を発見し、共生
を試みることが本当に大切なのではないかと、問題提起しています。

 
都会に住んでいても、道路の脇には、コンクリートにも負けない、タンポポを
眼にすることがあります。また、その脇には、働きアリたちがせっせと巣を
作っている光栄を目にします。私たちは、その小さな生物の視点に立って、
「たんぽぽは、この環境で快適かな。
ありくん、あなたたちは、うまく生活できているのかい。」と問いかけてみる
必要があるのではないでしょうか。
そうすることで私たちは自然と「生身」の関係を築くことができ、自然を大切
にするために行なうべき行動が見えてくるはずです。