━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆ エコモチブックレビュー ◆
              『地球家族』
    (マテリアルワールド・プロジェクト著 発行:TOTO出版)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回ご紹介するのは「地球家族」という本です。
この本は世界30カ国の家族の生活の様子を写真と統計でおさめたものです。
家の前にすべての家財道具を出し、家族と写った写真がそれぞれの国ごとに
載っています。写真に写っているのはその国の平均的な所得の世帯ですが、
国によって家の中にあるものの種類や量がまったく異なっています。
例えばクウェートの中流階級の家庭には新車が4台ありますが、アルバニア
の家庭にはロバが1頭しかいないという事実には驚きます。また、先進国の
ほうが物が多いですが、中でも日本は特に多い印象を受けました。
巻末には各国の平均所得や都市農村人口比、読み書き率などの統計が
載っており、それぞれの国の違いを見ることができます。
とても知的好奇心がくすぐられる一冊です。

Amazon でこの本を購入する

エコカルチャーマガジン「GREENSTYLE BOOK Vol.16」にエコモチの記事が掲載されました。

「エコモチ導入企業が増殖中」というタイトルで1ページまるごと割いていただきました。
エコモチが会社生活でできる、CO2を減らすエコ・アクションメニューのバージョンに進化をとげようとしている旨を先取りして取材していただいたものです。
会員企業の小林クリエイト様のコメントも掲載されています。

「GREENSTYLE BOOK Vol.16」は全国のさまざまな場所やイベントで配布されています。
こちらのWebサイトからダウンロードもできます。

そこが知りたい!エコモチ企業インタビュー

コンソーシアム参加企業で今年秋からエコモチ会員企業になられた小林クリエイト様にインタビューを実施してきました。

【聞き手】
エコモチ事務局長 上野友紀子

Vol.3 小林クリエイト株式会社 様

【話し手】
小林クリエイト株式会社
CSR推進グループ 部長 三枝栄一さん
マーケティング推進部販売推進グループ 課長 池田和広さん
※池田さんは元CSR推進グループ担当でエコモチコンソーシアムにご参加いただいておりました
この投稿の続きを読む »

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ◆ エコモチブックレビュー ◆
          『思いやりはお金に換算できる!?』
           (有路昌彦著 発行:講談社)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今月ご紹介するのは、ちょっと目をひくタイトルの「思いやりはお金に
換算できる!?」という本をご紹介します。
この本は環境経済学(本の中ではエコ経と呼ばれる)をやさしく説いた
本であり、これからは「エコ経」こそが経済学の本流になると著者は説いて
います。自然や思いやり、いじめなどといったお金に換算できないと思って
いたものも実は、お金に換算することができます。思いやりをもつことで
社会全体のコストが下がり、少ないお金でも不安のない社会を作ることが
できるのではないか、ということをさまざまな視点から説いています。
一つの例として、子どもの教育費をあげています。共働きの両親を持つ
子どもを放課後家に一人でおいておくわけにはいかないので、
あらゆる習い事をさせ、その結果さらにお金がかかってしまいます。
しかし、近所の人に気兼ねなく子どもの世話を頼むことができたら、習
い事をさせなくてもこの問題は解決できます。コストをかけなくても
こういった「つながり」や「思いやり」があれば何もかもをお金で解決
しなくてもいい、ということですね。
この例には私も納得してしまいました。
なんとなく大切だと思われている思いやりや自然の価値をお金と
いう分かりやすい指標に換算した本です。
この本は、「世の中経済という軸だけではたして良いのだろうか」と
考えてみたい方におすすめです。

Amazon でこの本を購入する