━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆ エコモチブックレビュー ◆
              『蝶文明』
        (正木高志著 株式会社さんこう社発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は熊本県で農園を営むかたわら、環境問題について講演や執筆活動を
行っている正木高志さんの本をご紹介します。これは環境と自分のつながり、
平和と環境のつながりについて書かれた本です。
本の中で心に残った1節をご紹介します。
『骨も皮膚も血液も、目も耳も口も、みんな食べものですよね。食べなかった
ものはありません。…からだはすっかり食べたものからできています。
では、食べたものとは何でしょう?魚にしろ、木の実にしろ、動物の肉にしろ、
米も大豆もそれらはみんな環境です。そしてそのひとつひとつが、たとえば
トマトは水や土や日光などのトマト以外の環境からできています。
…そのように私たちはすっかり環境でできているのです。
自分と環境の間に境はありません。』
ふだん自然とのふれあいが少ない生活を送っていても私たちと環境はつながって
いるということを再認識させてくれる1冊です。

正木高志さんホームページ
http://masakitakashi.com/

Amazon でこの本を購入する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆ エコモチブックレビュー ◆
             『あしたのために』
      (堀田 東著 株式会社幻冬舎ルネッサンス発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は夏らしい、世界の空と海の写真を収めた写真集をご紹介します。
写真は、著者が10年間住んでいた沖縄の島々をはじめ、
モルジブ・トラック諸島・テニアン島など世界各地の海で撮影されたもので、
朝、昼、夕暮れ時など様々な表情の空や海を見ることができます。
色彩も青だけではなく、様々な癒しの色が写っており、とても癒される1冊です。
まだまだ世界にはこんな美しい景色があるんだということを感じます。
リラックスしたいときのおともにおススメの1冊です。

Amazon でこの本を購入する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆ エコモチブックレビュー ◆
          『「20円」で世界をつなぐ仕事』
    (小暮真久著 日本能率協会マネジメントセンター 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回ご紹介する本はNPO法人TABLE FOR TWO International(以下TFT)の
事務局長をしていらっしゃる小暮真久さんが書かれた本です。
TFTとは、対象となる定食や食品を購入すると、1食につき20円の寄付金が、
TFTを通じて開発途上国の子どもの学校給食になるという取り組みです。
この20円という金額は、開発途上国の給食1食分に当たります。
つまり、先進国で1食とるごとに開発途上国に1食が贈られるという仕組みです。

この「『20円』で世界をつなぐ仕事」では著者がTFTの事務局長となり、
どのようにビジネスとしてこの事業を行っているかということが描かれて
います。印象的だったのは企業と連携する社会事業だからこそ、
ビジネススキルが必要であるという考え方です。
戦略コンサルタント会社にいた著者は5P(Purpose=目的、Partnering=連携、
People= 組織・人事、Promotion=宣伝・広報、Profit=利益、成果)という
フレームワークでTFTをとらえ、それぞれに対して明確な姿勢を示しています。

企業にお勤めの方やNPO/NGOの方はもちろん、社会事業に関心のある方に
広く読んでいただきたい一冊です。

TABLE FOR TWO International
http://www.tablefor2.org/jp/index_jp.html

Amazon でこの本を購入する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◆ エコモチブックレビュー ◆
          『ほっとけない世界のまずしさ』
        (ほっとけない世界のまずしさ 発行)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2005年に行われた「ホワイトバンド運動」をご存じですか。
ホワイトバンドとは、2005年に結成されたグローバルなキャンペーン「貧困を
なくすためのグローバル・コール GCAP(Global Call to Action against
Poverty:ジーキャップ)」の連帯のシンボルであり、「貧困をなくそう」と
いう意思表示のシンボルでもあります。このキャンペーンはホワイトバンドを
身につけ、「貧困をなくしたい」という意志を多くの人が示すことで、コンセ
ンサス(合意)をとり、貧困国を助ける政策につなげようというものです。
この「ほっとけない世界のまずしさ」には貧困をうみだす仕組みや、貧困の
現状についてシンプルな文章とイラストでやさしく書かれています。
大人だけではなく、子どもにもわかりやすく作られている一冊です。

Amazon でこの本を購入する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ◆ エコモチブックレビュー ◆
           『グリーン天職バイブル』
          (発行:株式会社オルタナ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回ご紹介する本は新しい就職情報本、「グリーン天職バイブル」です。
最近では就職活動をする際、「規模」や「知名度」といったこれまでの
切り口とはちょっと違った観点で企業を見ている若者が増えているそうです。
そのような若者たちは企業の「社会貢献活動」や「環境への取り組み」を
見ています。この「グリーン天職バイブル」はそんな人たちにピッタリの
就職読本です。この本は企業として本業において環境や社会に
貢献したいという「志」ある103人の経営者が自ら会社紹介をしている本です。
みなさんのまわりで環境・社会貢献に熱心な会社に就職したいという若者・
学生がいたらぜひ紹介してあげてください。
フルハシ環境総合研究所もエコモチの紹介とともに掲載されています。

「株式会社オルタナ」ホームページ
http://www.alterna.co.jp/

Amazon でこの本を購入する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆  エコモチブックレビュー ◆
「NHK 地球データマップ~世界の“今”から“未来”を変える~」
(NHK出版)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回ご紹介する本はNHK番組「地球データマップ」から作られた本。
グローバル化で進展した現代文明に山積する多くの問題を、
データマップを使って世界のしくみを分かりやすく学びながら
僕らが進むべき未来について考えさせられる本です。

例えば、あなたは1杯の天ぷらうどんと世界の関係を知っていますか?
また、スナック菓子とスマトラゾウの関係を知っていますか?
日頃の生活が社会問題や環境問題につながっていることは
意外と知られていないか、もしくは見失いがちなことではないでしょうか。

この本は身近なくらしから世界を見つめ、自分の生活や世界について
考えさせてくれます。

Amazonでこの本を購入する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ エコモチブックレビュー ◆
第6回 「いまあなたにできる、50のこと」
(WAVE出版)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回ご紹介するのは「世界とつながることは案外かんたん!」と説いている
「いま、あなたにできる50のこと」という本です。
「○○することで途上国の人に●●できる」という形式で具体的に私たちに
できることを教えてくれます。
例えば「7円でヒマラヤに一本の樹を植えることができる」、
「無添加ソープを購入して地雷対策活動に協力できる」など、
ちょっとしたことが大きな支援につながるということは案外知られて
いないのではないでしょうか。
また、冒頭には「いま、あなたのまわりでおきていること」というタイトルで
途上国の人が置かれている状況が分かりやすい数字で書かれています。

途上国への支援というと大変なものと思われがちですが、この本は
その敷居をぐっと下げてくれる1冊です。

Amazonでこの本を見る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆ エコモチブックレビュー ◆
              『地球家族』
    (マテリアルワールド・プロジェクト著 発行:TOTO出版)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回ご紹介するのは「地球家族」という本です。
この本は世界30カ国の家族の生活の様子を写真と統計でおさめたものです。
家の前にすべての家財道具を出し、家族と写った写真がそれぞれの国ごとに
載っています。写真に写っているのはその国の平均的な所得の世帯ですが、
国によって家の中にあるものの種類や量がまったく異なっています。
例えばクウェートの中流階級の家庭には新車が4台ありますが、アルバニア
の家庭にはロバが1頭しかいないという事実には驚きます。また、先進国の
ほうが物が多いですが、中でも日本は特に多い印象を受けました。
巻末には各国の平均所得や都市農村人口比、読み書き率などの統計が
載っており、それぞれの国の違いを見ることができます。
とても知的好奇心がくすぐられる一冊です。

Amazon でこの本を購入する

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ◆ エコモチブックレビュー ◆
          『思いやりはお金に換算できる!?』
           (有路昌彦著 発行:講談社)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今月ご紹介するのは、ちょっと目をひくタイトルの「思いやりはお金に
換算できる!?」という本をご紹介します。
この本は環境経済学(本の中ではエコ経と呼ばれる)をやさしく説いた
本であり、これからは「エコ経」こそが経済学の本流になると著者は説いて
います。自然や思いやり、いじめなどといったお金に換算できないと思って
いたものも実は、お金に換算することができます。思いやりをもつことで
社会全体のコストが下がり、少ないお金でも不安のない社会を作ることが
できるのではないか、ということをさまざまな視点から説いています。
一つの例として、子どもの教育費をあげています。共働きの両親を持つ
子どもを放課後家に一人でおいておくわけにはいかないので、
あらゆる習い事をさせ、その結果さらにお金がかかってしまいます。
しかし、近所の人に気兼ねなく子どもの世話を頼むことができたら、習
い事をさせなくてもこの問題は解決できます。コストをかけなくても
こういった「つながり」や「思いやり」があれば何もかもをお金で解決
しなくてもいい、ということですね。
この例には私も納得してしまいました。
なんとなく大切だと思われている思いやりや自然の価値をお金と
いう分かりやすい指標に換算した本です。
この本は、「世の中経済という軸だけではたして良いのだろうか」と
考えてみたい方におすすめです。

Amazon でこの本を購入する

贅沢な暮らし

2008.09.26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ◆ エコモチブックレビュー ◆
              『贅沢な暮らし』
     (高木沙耶著・写真 発行 株式会社エクスナレッジ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回ご紹介するのは女優・高樹沙耶さんの『贅沢な暮らし』という本です。
現在では千葉県にある、自然に優しい家に住み、農業をしながら生活して
いらっしゃる高樹さんがどうやって今のライフスタイルに至ったのか、
また、普段の生活の様子が美しい写真とともに綴られています。
フィンランドでの不思議な経験を経て、オーストラリアの先住民族・
アボリジニに出会ったことで高樹さんの中の価値観が変わりました。
アボリジニの「地球上には何でもあるでしょ。すべてがそろっているでしょ。
なのに自分のものにすることだけで、みんな忙しいよね。でも、自分に
足りないものなんて、どこかにあるんだからほしければ、借りればいいさ。」
と言う言葉は、「所有」という概念を持ち、争いをしている私たちに
対する問いかけでもあるようです。
また、本の中には高樹さんが各地で撮った美しい自然の写真が
収められています。本当に自然にはいろいろな表情や色があるんだと
感じます。
秋の夜長におすすめの一冊です。

Amazon でこの本を購入する